携帯用無料コラム04

編集部通信 9月27日号 〜石橋武のスプリターズS解説。の巻〜

さん、こんにちは。
Sportsmaster運営事務局の本田です。

パンパカパーン!
秋のG1シーズンがいよいよスタート致します!
緒戦はかなりレベルの高いメンバーが揃ったスプリンターズS。いきなり難解なレースで困っちゃいますが、そこはほら、この方がいらっしゃいます。芝短距離得意の石橋武さんです!

石橋 武(以下、石) こんにちは。石橋武です。

本田(以下、本) いよいよ始まりましたね、秋のG1シーズン。

石 始まりますね〜。ただ、芝短距離得意って、どのカテゴリーもあまり戦績は変わらない気がしているんですけど。

本 いや、スタッフが近5年の勝負予想を調べたんですよ。芝短距離、芝マイル〜中距離、芝長距離、ダート短距離、ダート中距離〜のカテゴリーで。

石 勝手に?

本 勝手に(笑)。石橋さん、あまりそういうの気にしていないので。

石 まあ、過去にどれだけ当たったかより、これからのレースを当てるほうが大事だと思っていますので。

本 ただ、実際に勝負予想を購読する方は気になるところだとは思うんですよ。

石 そうかもしれません。

本 で、調べてみたんですけど、たしかに的中率は大きな差はないものの、芝短距離が1位で、続いてダート短距離。あとは芝長距離、ダート中距離、芝マイル〜中距離の順。まあ、施行レース数の関係もあるので、これで得意云々は言いませんけど。

石 だったらなぜ?

本 10万円以上の高額馬券になったレースを調べたんですよ。そしたら実に4割くらいが芝短距離だったんですよ(次いでダート中距離、ダート短距離、芝中長距離、芝長距離と続きます)。

石 あ〜、それはわかりますね。新潟千直、北海道シリーズ、あと中山芝1200mとか、高配当が出やすいので。この前の北九州記念も◎ダイメイプリンセス(9人気1着)が逃げ切って高配当になりましたしね。

本 そうでしたよね。率が高いうえに、配当的にもかなり荒れているレースをとっているので、石橋さんの芝短距離ってかなりお得なんですよ。

石 へ〜、そうなんだ。じゃあ、今週も期待を裏切らないようにしないと。

本 お願いします! ただ、ご自身でなぜ芝短距離に10万超えの馬券的中が多いかわかります?

石 やはり展開面のまぎれが少ないというのはありますよね。あとはあれでしょう。たとえば……
無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと無料コラムを全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから
有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。