携帯用無料コラム04

編集部通信 3月1日号 〜奥田のラッシュ、石橋の中山最終の巻〜

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster運営事務局の本田です。

いよいよクラシックが近づいてきましたね〜。なんか毎週同じことを話している気もしますが(笑)、今週末は皐月賞トライアルの弥生賞、桜花賞トライアルのチューリップ賞が行われます。この2レースが終われば、もうすぐ本番。皆さんもそんな気になりません?
まあ、3歳限定戦は重賞を増やしすぎて少頭数のレースばかりでちょっとアレなんですけど、言い換えれば本番で多頭数になる楽しみ、実績馬同士が初対決となる楽しみがあるわけで、なんとも本番が待ち遠しくなってきます。

そしてこの時期は3歳だけではなく古馬もG1の前哨戦が真っ盛り。今週もフルゲートのオーシャンSが行われますし(あ、奥田さん、石橋さんとも、公式ブログでオーシャンSの見解を発表していましたね。興味のある方はぜひ!)、来週は中山牝馬S、そして金鯱賞。もう、妙味も含めて楽しみな重賞が目白押しです。
先週、この春は奥田さん、石橋さんに注目〜とお話ししましたが、まさにこの時期に強い2人ですからね。今週末も大注目でお願いします。

さて、そんなお二人ですが、先週の結果はどうだったのでしょうか? 簡単に振り返ってみることにしましょう。
無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと無料コラムを全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから
有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。