携帯用無料コラム02

編集部通信 2月18日号 核心の見解で騒然! 石橋の注目穴馬公開中!

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster編集部・本田です。

さて、今週の編集部通信は先週お伝えした通り、『単勝二頭流』の石橋武さんをお迎えしてお送りしてきま〜す!
石橋さん、よろしくお願いします。

石橋 武(以下、石) よろしくお願いします。

Sportsmaster本田(以下、本) さっそく始めさせていただきますね。フェブラリーSの展望の前に、まずは先週の配信を振り返っていこうと思うんですが、先週は土日で11鞍の配信。多かったですね(笑)。

石 日曜日の重賞が少頭数でしたし、高配当が狙えそうなレースも多かったですからね。高配当獲れませんでしたけど(苦笑)。

本 たしかに高配当の的中はなかったですけど、あれ、買い目絞りすぎじゃないですかね(笑)。

石 いや、あれはあれで納得はしているんですけどね。共同通信杯とか京都記念ですよね。

本 その2鞍は特にですけど、他のレースも。基本フォームより点数が少ないレースのほうが多かったんじゃないですか。

石 まあ、そうですね。ただ、どのレースもあれ以上買いたい馬もいなかったですし、わざわざ基本フォームに合わせる必要もないレースが多かったので。……って、当たった人が言うセリフですけど(笑)。

本 いや、当たってるんですけどね(笑)。配信全11レース中8レースで本命馬が馬券に絡んでいますし。さすがに11鞍全部振り返る時間はないので重賞の3鞍に絞って振り返りますけど、まずは土曜日のクイーンCですね。これは基本フォーム通りの買い目で。

石 そうですね。人気馬が2着以下にコケる想定で、10万馬券は厳しくてもある程度高配当を狙えそうだなと思って。

本 先週のこの対談でも人気馬はそこまで信用できないというお話を……
無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと無料コラムを全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから
有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。