携帯用無料コラム02

編集部通信 7月5日号 〜夏の石橋祭り、スタート!の巻〜

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster運営事務局の本田です。

先週から本格的に夏競馬がスタートしましたが、さっそく夏男・石橋武が決めてくれました。
出走馬フルゲートの16頭、単勝10倍以下の馬が5頭、10倍台が6頭、最低人気の馬でも46倍という超難関レースとなったラジオNIKKEI賞。はっきり言って結果を知った今でも当たる気がしません(笑)。
しかし、先週の石橋さんの公式ブログでご本人が大好きなレースと言っていた通り、こういうクセの強いレースほど期待が高まる単勝二頭流。宣言通りに、きっちりと決めてくれました。
その石橋さん、勝負予想の配信で推したのが、穴馬の本命◎ブレイキングドーン(3人気)。そして人気馬の本命に◎ダディーズマインド(7人気)。結果的に人気だけみると、人気馬、穴馬の順序が逆となりましたが、早朝までは(本田確認)、◎ダディーズマインドのほうが人気はあったんですよね。4番人気と6番人気くらいで。それが石橋さんが配信してしばらくすると人気が逆転。まあ、それだけが人気逆転の理由ではないでしょうが、ちょっと驚きました。

レースでは人気馬の本命◎ダディーズマインドがラチ沿いを粘るなか、馬場の外めから◎ブレイキングドーンが豪快に差し切り勝ち。◎ダディーズマインドも粘りを見せますが、最後の最後に△ゴータイミング(6人気)に交わされて、4着。本命馬2頭揃っての馬券絡みこそなかったものの、見事に3連単14万2,140円(3連複26,540円)を的中。
さすが、大好きというだけあります。
それにしても石橋さん、こういうマイナーコースでの難解レースは、ホント得意。

本命馬2頭の
「◎ブレイキングドーンは、内回りの京都2歳Sで2着、ホープフルSで4着、弥生賞で3着と、勝ち切れないまでも善戦を続けている。皐月賞は11着に大敗しているが、相手との能力差というよりも後方からになってしまい展開不向き。悲観するほどの内容ではない(デキ落ちもあったように思う)。もともと一瞬で加速するタイプではないだけに、……
無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと無料コラムを全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから
有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。