携帯用無料コラム01(最新)

編集部通信 4月15日号 〜織本爆発! 石橋暴発!の巻〜

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster編集部・本田です。

さてさて、桜花賞はソダシが強さを見せつけたレースとなりましたが、そのソダシを無印にしていたのが石橋さん。
高松宮記念とは違う意味で反響の大きい印・買い目でしたので、のちほど石橋さん本人にその理由とレース回顧をやっていただくことになりました。
ちなみに本人は反省も言い訳もしてなかったです。あ、いい意味で(笑)。

というわけで、その前に先週の結果を振り返っておきましょう。
先週、大幅プラス収支を達成したのが織本さん。
話題の桜花賞も含め、土日の配信10レース中5レースで3連単まで完全的中という暴れっぷりで、特に土曜日はニュージーランドTの3連単2万6,790円、中山最終の3連単7万3,350円の連続的中で10万円を超える払い戻しをゲット。
日曜日は日曜日で春雷S(3連単1万1,410円)、桜花賞(3連単1万400円)、中山最終(3連単1万4,480円)を連続ゲット。

このほか、忘れな草賞の3連複6,770円など配信10レース中9レースでなんらかの馬券をヒットしており、まさに“買えば当たる”状態。
3連単が的中した5レースは、すべて1600m以下だったというのも“短距離のスペシャリスト”織本さんらしい一連の的中でしたね〜。
今週も短距離戦は続々と行われますので、乞うご期待。
もちろん皐月賞も期待です!

一方、1200mの春雷S(3連単1万1,410円)から2600mの大阪-ハンブルクC(3連単1万1,260円)まで、距離を問わず的中を重ねたのが奥田さん。
なかでも、いつもより点数を削って……
無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと無料コラムを全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから
有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。