携帯用無料コラム01(最新)

編集部通信 2月20日号 〜さあ、フェブラリーSだ!の巻〜

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster編集部・本田です。

さあ、皆さん!
今年もG1が始まりますよ〜!
テンション上がりますよ〜!

ということで、今週の編集部通信は超豪華版でお送りします。
いま大注目を集めている奥田さん、石橋さん、そして織本さんのフェブラリーS注目馬を一挙大公開しちゃいます。
最後までお見逃しのないようにお願いしますね。
内容が濃いですからね、先週の結果を振り返りつつさっさと始めましょう。

あ、そうだ。
今週は先週とは逆の順番でお伝えしていこうかな。織本さん、奥田さん、石橋さんの順番でいきます。

まずは織本さん。
織本さんは昨秋に競馬雑誌『競馬の天才!』でデビューした新進気鋭の予想家さんで、すぐに我がスポーツマスターがスカウト。予想の公開に至っています。
簡単に予想理論を紹介すると、「上がり3ハロンタイム1位」と「3角1番手」の馬に注目した予想で高配当を狙うというもの。軸馬に選ばれる馬は人気薄が多くて、先日の山城S(2月9日)でも単勝14番人気だった上がり最速馬を狙い撃って、3連単23万5,550円を的中。いまコアなファンからも注目を集める理論を展開しています。

そんな織本さんのフェブラリーS注目馬はこの2頭。上がり1位、そして3角1番手の馬からそれぞれ推奨していただいています。
無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと無料コラムを全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから
有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。