編集部通信 2月13日号 〜石橋、フェブラリーSを語る。の巻〜

[is_user_logged_out] ログインして下さい[/is_user_logged_out]

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster運営事務局の本田です。

さあ、いよいよ今年最初のG1です!
東京ダート1600mを舞台に行われるダート王者決定戦。
ここまで6連勝中と勢いに乗るインティか、藤田菜七子騎手騎乗で話題のコパノキッキングか、あるいは17年のこのレースの覇者、去年も2着に好走したゴールドドリームか、はたまた中穴、いや大穴が制することになるのか、いまから「オラ、ワクワクすっぞ〜!」状態な本田です。

それにしてもホント好メンバーが揃いましたよね。どの馬が勝ってもおかしくない。配当的にも高配当が期待できそうだし……まあ、それだけ難解ということなんですけどね(笑)。
ただ、この難解なレースに挑むのが石橋さん。コパノリッキーの最低人気(なんと単勝2万馬券!)での大激走や、昨年の◎ノンコノユメからの完璧的中など、恐るべき精度の予想を見せてくれております。

そこで今週の編集部通信では、その石橋武さんをお迎えして、フェブラリーSの注目穴馬、そして危険な人気馬についてお話を伺ってしまおうというわけでして……

本田(以下、本) 石橋さん、よろしくお願いします。


無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと編集部通信を無料で全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから


過去の「編集部通信」の一覧はこちら


有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。