編集部通信 12月20日号 〜さあ阪神C! 奥田の腕がなるぜ!の巻〜

[is_user_logged_out] ログインして下さい[/is_user_logged_out]

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster運営事務局の本田です。

今年の競馬もいよいよオーラス……って言っていいのか? 来週の金曜日にはホープフルSがあるので、まだオーラスではないのかな?なんて、どうでもいいか。
とにかく! 有馬記念です!
今年は馬券でも色々ありました。思いっきり外れて頭にきたレースもあれば、ウン十万円の超高配当に狂喜乱舞したこともありました。
つい先週の朝日杯FSでも石橋さんが9人気2着に激走のクリノガウディーに印を打ちながら惜しくも3連複的中までと、く〜〜っ!というレースとなりましたが(まあ、言い換えれば、買い目を絞ったなかであれだけの穴馬を挙げてくるんですから、さすが石橋!ということなんですが)、そのく〜〜っ!な気持ちも1年の総決算、有馬記念できっちり取り返しましょう!

ただ、この方にとってはそんな有馬記念ですらおまけに過ぎないのかもしれません。ねぇ、奥田さん。

奥田隆一郎(以下、奥) いやいや、おまけなんて(笑)。前日の阪神Cからの連勝でがっつり勝負ですよ。

本田(以下、本) そうか、やっぱり勝負ですよね。

奥 もちろんです!

本 奥田さん、今期はかなり調子がいいですし、やっぱり直結コースを新しくしたというのが効いているんでしょうか?

奥 ええ、ついこの間、新刊(『激走馬を炙り出す「コース適性」が丸わかり! 「直結式」馬券術』)が発売されたんですけど、その新刊のために直結コースをすべて見直したんですが、それがかなり合っているなというのは感じます。

本 ですよね。見ていて気持ちがいいほど当たりますもん(笑)。で、そろそろ高配当的中かと思っていたところで阪神Cですからね。このタイミング!

奥 ですね。僕としてもかなり楽しみですよ。

本 その阪神Cのお話の前に、最近、その本で直結理論を知ったばかりという方や、興味があるけどどんな理論なんだろう?という方に、直結理論の基本を教えていただければと思うんですが。
無料会員登録のみで続きをご覧いただけます


会員でない方には途中までの表示となっております。
無料会員登録していただくと編集部通信を無料で全て読むことができます。
無料会員登録はこちらから


有料コンテンツを購入する場合も無料会員登録をしていただき
マイページからコンテンツを購入して下さい。